風俗は最高の癒し

特別だと思うから惜しまない

お金の使い道はたくさんの選択肢がありますけど、風俗は特別なので惜しみません。風俗以外のサービスにお金を使う時はとにかくシビアです。どうしようか迷うのはもちろんですけど、コストパフォーマンスが悪いなって思ったら使わないですし、他と比較するのも当たり前です。そもそも、お金を使わないという選択肢だってあるじゃないですか。だからかなりケチな男だなって思いますけど、でも風俗だけは特別と言うか、風俗に関してはどれだけお金を使ってもあまり何も思わないんですよね。むしろ使わないのは勿体ないんじゃないかなとさえ思うです(笑)何の楽しみもなく、お金を貯めるだけの生活はそれはそれであまり面白くないと思うんですよね。そうじゃなくて、自分なりにいろいろと楽しみたいものじゃないですか。それが自分にとっては風俗っていう話なんですよね。だから風俗だけは自分自身、いろいろと楽しませてもらっていますし、お金が惜しいとは思わないんです。

いつも理想を持っているんです

風俗を楽しむ時には、自分なりに理想というものを持って楽しむようにしているんです。大げさかもしれないんですけど、理想を持っていないと結局はその場の雰囲気というか、自分でも「まぁいいかな」みたいな気持ちになってしまうかもしれないじゃないですか。それは個人的にはとっても勿体ないよなって思うんですよね。そうじゃなくて、理想を持って、その理想に近づける努力を風俗嬢と二人でするんです。いわば風俗はハーモニーってことですね。それが出来るのもまた、風俗だからこその楽しみといっても決して過言ではないと思うんですよ。むしろそれらをいろいろと楽しめるのは、いろんなサービスがありますけど、結局の所風俗だけといっても決して過言ではないんじゃないかなって思うんですよね。だからこそ、理想を持って楽しむようにしています。まぁあまり深く考えなくとも、とりあえずお店に行ってパネルを見て女の子を選ぶだけでもそれはそれでとっても楽しいのが風俗ですが(笑)