風俗は最高の癒し

パイパンを求めて…

パイパンが好きなので、風俗では出来る限りパイパンの子を狙うようにしているんですけど、風俗店のホームページのプロフでパイパンって明記してくれている子もいれば、明記していないけどパイパンの子もいますし、処理はしているけどうっすらと残しているので完全なパイパンではない場合もあります。このように、風俗嬢のアンダーヘア事情は人それぞれなんですよ。だからこそ、じゃあどうするのかってことで悩むんです(笑)ホームページの画像をどれだけ見たとしても、その子がパイパンなのかどうかまでは分かりません。それだけに、風俗でパイパンと楽しむためには、ホームページだけじゃなく、他にもいろいろなことをしっかりとチェックしなければならないかなって思っているんですよね。でも、結局は運任せな部分もあると思うので、最終的にはフィーリングですね。凛々しい眉毛だから処理しているかなって思ったら、結構ジャングルだったってパターンもありましたし。

気持ち良さを求めた結果です

性感マッサージがお気に入りの風俗になったのは、自分が求めているものがそこにあったからこそです。風俗で何を求めるのかは、人それぞれだともいますし、自由だからこそいろんな人から愛されていると思うんです。だから、何を求めるにせよ間違いとか正解とかじゃなく、人それぞれ。それが答えだと思うんです。自分の場合、とにかく快感だけです。風俗嬢が気持ちよさそうなのを見たいんじゃなくて、自分が気持ち良くなりたいんです。時間内はずっと攻めてもらいたいと思っている自分にとって、理想は性感マッサージだなって。性感マッサージを楽しんでみて、これぞ理想そのものかもしれないって思ったんですよね。別にこっちが攻めるでもなく、相手に「攻めてね」と頼むこともなく、女の子がこちらにガンガン仕掛けてくれるのが性感マッサージのオーソドックスなプレイなんですよね。だからか、最近では性感マッサージばかりになりましたけど、そのおかげでいつも理想の時間を過ごせています。